様々な結婚の形が存在

近年の日本は晩婚や結婚願望がないという方が増えてきていると言われております。

ですが、やはり一人で生きていくのは寂しいと思うのが本音ではないでしょうか?

なので人間は無意識に自分自身に合うパートナーを求め合うのかもしれません。

様々な結婚の形が存在

自分自身に合うパートナーが見つかるとお付き合いが始まります。

それが自然の流れでお付き合いを続けて行く中で、パートナー同士、お互いがお互いを理解し自身にとってなくてはならない必要な存在だと感じれば「結婚」という形に繋がっていくのが自然の流れだと思います。

よく運命の人とは赤い糸で繋がっていると言いますが、相手の事を理解し受け入れる事ができる相手こそが運命の人ではないでしょうか。

相手の事を理解する事ができなければ、受け入れる事も困難ですので「結婚」へと結びつくのも難しいですよね。

少し話が逸れてしまいましたが、つまり「結婚」とは人間にとって一生に一度の重大な決断でとても大切な事だという事です。

近年では一度のみならず二度三度と結婚をしている方も珍しくはありませんが、結婚は生涯を共にするパートナーを選択し契約を交わすわけですので、とても慎重に選ばなくてはなりません。

結婚の契約と言えば一般的には「籍を入れる」や「入籍」などの言葉を多く使用される場合がありますが、正しくは「男女のパートナー同士が夫婦となり今後も夫婦という関係を継続します」という意味を持つ「婚姻」という言葉が正しいとされております。

少しややこしいですが日本の法律では「結婚」とは、配偶関係を結ぶ事を指しており、「婚姻」とは、配偶関係である状態も含めた事を指します。

ですので結婚の際、市役所などに提出する書類は「婚姻届」ですよね。

また、たまに「婚姻届」の事を「入籍届」という方もいますが、正しくは「婚姻届」ですので間違えないように気をつけて下さい。

更に日本の法律では「結婚」は、男性は18歳以上、女性は16歳以上の年齢にならなければ結婚をする事はできません。

未成年者の結婚の場合は、必ず男女どちらかの親(保護者の方)の同意が必要とされており、お互いの意思だけでは結婚をする事は認められておりません。

その他にも、同じ家に住み夫婦と同じ状態で共に生活を送っている場合でも「婚姻届」が提出されていなければ法律上は夫婦とは認められません。

そのような場合は「事実婚」や「内縁関係」、女性に対しては「内縁の妻」などという呼び方をされる場合があります。

「結婚」と一言で申し上げでも、男女の数だけ様々な「結婚」の形が存在しているのです。